「特定個人情報保護委員会」とは?

「マイナンバー」は漏えいや不正使用があってはならないものです。しかし、役所や民間の会社で扱う中でいろいろなトラブルが想定されます。そのようなトラブルが発生した場合、個人が駆け込み訴えをできる場所を役所とは独立して作る必要があります。それが「特定個人情報保護委員会」です。行政における第三者委員会というやつですね。ちょっと古いですが、「消えた年金問題」で発足した「年金記録確認第三者委員会」というのがありましたね。「特定個人情報保護委員会」は、番号制度運用時の個人情報保護に関し、指導・助言・勧告・命令などを行う強い権限を持っています。「マイナンバー」保護制度の根幹と言えるでしょう。

ちなみに、「個人情報保護法」でも、「民間団体による個人情報の保護の推進」と題して、個人からの個人情報に関するクレームを受ける団体が存在していました。「認定個人情報保護団体」として、対象事業等分野ごとに業界団体などがそれに当たっています。しかし、今回は民間に任せて済ませるレベルではないとの判断で、このような第三者委員会設立に至ったわけです。

 
特定個人情報保護委員会について
出典:特定個人情報保護委員会について